精油の香りは自然の香り?

 

精油は植物から抽出した100%天然の液体です。

合成香料や添加物は入っていないので抽出元の植物の香りだけがしますかわいい

016

でも、だからといって自然のそのままの植物と同じ香りがするわけではありません

どうして違うのかというと、精油は植物のある一部から抽出されるからです。

葉っぱだったり、花びらだったり、根っこだったりです。

そして、1番違うのは香りの濃さ

精油は植物から香り成分を抽出したようなものなので、香りがすごく濃縮されています!

自然の中で、森やお庭で、こんなに濃い香りを嗅ぐことはほとんどないでしょう。

だからイメージとは違う香りがしたりするんですね。

 

精油のボトルを直接嗅ぐと、香りが強くてうっとなったり苦手に感じるものがあります。

そんな精油も自然に近い状態まで薄めてみると心地よく感じることが多いです。

もちろん自分に合わない精油は、薄めても苦手なままだったりしますが冷や汗 (顔)

 

 

それでも中には自然に近いと感じる精油もありますね。

もともとの植物が精油成分をたくさん放出している場合などです。

オレンジなどの柑橘系は果皮を絞ると精油が出てくるので、みなさん食べる時にけっこう濃い濃度で嗅いでます。

だから柑橘系の精油は親しみ安いんでしょうかわーい (嬉しい顔)

038